無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
ビッグサイトに行ってきた
0

    9時半からビッグサイトでスポーツファーマシストの講習だった。

    9時過ぎくらいに着くことを目標にしたら、7時15分の新幹線に乗らねばならない。

    いつもの通勤より早いじゃないか。しかも前日は当直明け。

    結構寝たつもりだけど、やっぱ体おかしい。

     

    ビッグサイトにはよく行っているが、イベント以外で行くのは初めてで、こんな部屋があるとは知らなかった。

     

     

    知らないことが多すぎて、勉強になった。

    まず、申し込む前は、スポーツファーマシストって、効率よい練習のための薬を推奨する薬剤師かと思ってたしね!

    おもにドーピングに関するスペシャリスト養成、という感じ。

    エフェドリンはドーピングに引っかかるの知ってたけど、ホクナリンテープが引っかかるの知らなかった。これ喘息の子とか注意しなければいけないな。耳鼻科医とか安易に処方しそうだし。

     

    以下忘れないうちに箇条書き

    ・「禁止表国際基準」というものがあり、禁止薬物は年1回、1月1日に更新される(つまり以下に書いている部分も2018年には変わっているかもしれない)。

    ・禁止薬にはOpen listとClosed listがある

    ・Open listに書かれているものは「禁止される物質、方法の代表例」であり、たとえばリストに載っていなくても骨格が同じで類似作用を起こす物質はアウト

    ・Closed listでは「特定した物質、方法」を禁止している。同骨格の類似薬はOK(ex:モルヒネは不可だけどコデインは可)

    ・「競技会(時)」だけダメな薬物と「競技会外」も使用してはいけない薬物がある

    ・「監視プログラム」というカテゴリーの薬物があり、来年以降禁止薬物にするかWADAがチェックしている

    ・ベータ作動薬は興奮作用があり不可

    ・ベータブロッカーは震えなどを抑えてしまうため、一点集中が必要な競技や恐怖心を生じる競技においては禁止。内服だけでなく点眼も禁止

    ・利尿薬は隠蔽目的になりうるので不可。急激にウェイトを落とす目的で使用させないためにも不可

    ・インスリンはタンパク合成促進作用を示すため不可

    ・どうしても禁止薬物による治療が必要なときは、TUE(治療使用特例)の申請が必要。書類のうち数枚は英語記載が必須

     

    (大塚製薬のお話から)

    ・持久的な運動能力は、水分補給により保たれる。脱水条件下ではパフォーマンスが低下する

    ・糖質の補給も重要。補給なしだと3時間以降体が動かなくなる

    ・目安として、Naは40〜80mg/100ml、ブドウ糖・果糖としての糖質濃度は4〜8%

    ・運動前にも飲んでおく(250〜500ml)

    ・運動中の目安としては、1時間あたり500〜1000ml

    ・運動後も、リカバリーとして補給を

     

    (元オリンピック選手より講演)

    ・アスリートにとって、情報を得られることは重要。薬を使うことを我慢してしまう

    ・アスリートが検査を受けるときは、人前でおしっこする

     

    医療者向けに検索ページ置いておく。禁止薬物か検索できる。

    Global DRO

     

    ---

    大塚の話は、ポカリスエットの宣伝もあるが、へえー、という感じだった。

    とりあえずもらった書籍は病棟に置いておこう。

     

    | とみー(碧) | 薬剤師 | comments(0) | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: