無料ブログ作成サービス JUGEM
余命10年 / 小坂 流加
0

     

     

    「なりたくてなったんじゃない、って、わかるよ。凡人だけどね」

     

    タイトルを見て、作者プロフィールで、静岡県出身、本書の刊行を待つことなく逝去、とあって中を開いて、読みやすそうなので購入した。

     

    数か月単位での余命すら言い当てることができないのに、「余命10年」というのがそもそもリアルでなさすぎるし、病名もあいまいだ。ただ、「君の膵臓」のときと違って、作者が抱えているものがあったようなので、少しでも響くものがあるかな、と手に取ってみた。

     

    後半はかなり引き込まれてしまった。
    病院で働いていて、死を見ているものとして、人が死ぬ話はどこかリアルに欠けていて興覚めしてしまうが、これは、人生を区切られた立場からの叫びや葛藤が感じられた。区切られたからこそ、いろいろ考えて、力いっぱい進めることもあるし、捨てなきゃいけないものもある。
    お勧めかと聞かれると難しいところだが、医療系の人間は読んでみてもいいかもしれない。

     

    語り手の茉莉が「この病気で10年以上生きた人はいない」という宣告をされつつ、自分と同じ病気で死ぬ人を見るところから話が始まって、10年後プラスまでが書かれている。
    途中、視点人物(主語)がぱらぱら変わる部分があって混乱した。
    あとはそれほど気にならず一気読みできた。

    (2017-19)
     

    | とみー(碧) | 読書 | comments(0) | - |
    天久鷹央の推理カルテV: 神秘のセラピスト
    0

       

       

      手足が腐る患者、若返り鍼灸師、血の涙と聖痕
      の3篇収録。
      さらりと読めて楽しめた。コミックス2巻もほぼ同時購入した。

      漫画のほうプレイルームに置こうかな。

       

      しかし、ぽんぽん著作出してるけど、ほんとこの人いつ書いてるんだ。

       

      血の涙、は、薬剤師的にも押さえておくべきポイントだね。実際巡り合ったことはないけど。
      若返りに関しては、経皮投与でどのくらい影響がでるのかといったところ。

      そんで、宮城さんて沖縄の名字なの?

       

      (2017-14)

       

      | とみー(碧) | 読書 | comments(0) | - |
      おれがあいつであいつがおれで/山中 恒 (著)
      0

         

        男女入れ替わり作品の先駆けとなった作品、なんだろうなあ。

        まわりの人には入れ替わったことを理解してもらえず、そのまま暮らしていかなくてはならなくなる。

        ちょっとビターチェンジを思い出した。

         

        一美の親友には中の人が入れ替わったことがばれたので何かキーになるかと思ったがそんなこともなく話は進んだ。

        一夫が引っ越すことになり、永遠に元に戻れないかもしれない絶望の中、話の出来る友達も少なくなり、お互いを思い合うところまで発展してくる淡い恋心、

         

        からの

         

        立ちションで締めるあたりが素敵すぎる。

         

        読み始め、やたら読点が多いのが気になったが、昔の作品なので致し方ないか。
        サマーウォーズやナナマルサンバツの杉基イクラさんがイラストを担当している版を読んだ。
        かなりのロングヒットな作品なんだなあ。

        (2017-8)

         

        | とみー(碧) | 読書 | comments(0) | - |
        ぼくは明日、昨日のきみとデートする/七月 隆文
        0

           

          一年くらいずっと本屋のエンドに並んでいるのは知っていたけど、映画化で帯が変わったので、これだけロングヒットするなら面白いんだろうな、と買った。

           


          うまくできてるなー。
          ただ、「天使は奇跡を希う」のときも思ったけど、この人、文章がもったいないなー。カギカッコだけで進みすぎて、絵のない漫画みたいだし、体言止めも多すぎる。もうちょっとちゃんとした感じで書けば、中高女子以外でもすっと受け入れられそうなんだけど。
          映画にした方がすんなり受け入れられるかもしれない。

          読み始めてから読み終わるまで時間あけていたので、頭の部分を再読した。
          初日に愛美が泣いて抱きついてくるシーンの意味が変わってくるね。
          このあたりを読み返したときがぐっときた。

          タイトルから、時間を逆行するか、「一週間フレンズ」みたいな記憶障害ものか、とあたりをつけていたら当たらずも遠からず、っていうかわかりやすすぎるタイトルが残念だよ。なんかいいタイトルなかったのか編集者。
          と表紙を見返したら、「明日」を青で、「昨日」を赤で、デートの濁音を青赤にしている、という細かい仕掛けに気づいた。やるな編集者。

          ストーリーは好き。私にはこういう設定を作る能力はないので楽しめた。
          探せば細かい粗はありそうだけど、無粋なのでこのへんで。

          (2017-7)

           

           

          | とみー(碧) | 読書 | comments(0) | - |
          いつまでもショパン/中山 七里
          0

            訳も分からず泣けた。やっぱり中山七里すごい。 

            今回は、ショパンコンクールに出場するヤン・ステファンス視点での物語。 
            岬はコンテスタントとして参加している。 
            ショパン・コンクールをメインに、ポーランドで起きている度重なるテロが絡む。 

             

            そして、やはり音楽描写が細かく書かれていて、何小節目から上がっていって、ここは感情を抑えて、とか、通常の小説ならすっ飛ばす部分がかなり書き込まれている。それなりに音楽の知識を要求されるし、課題曲のメロディが浮かばないとついていきづらいかもしれない。

            でもいまやようつべで全部聞けるから、聞きながら読むのもまた違った趣があってよい。

            op9-2は、おもわず聞きながら読んだ。泣けるわー。

            ヤンの変化が著しくて、コンクールやコンテストに出る、というのも成長の一助となるのかな、と考えさせられた。 
            発表する場に出ていく、というのは重要なのかもしれない。学会でもコミケでも。 

            (2017-6)

             

            ---

            | とみー(碧) | 読書 | comments(0) | - |